高血圧の症状が出たらココに注意せよ!

塩分が大好きな日本人、遺伝にも関係するのです。片方の親に高血圧の症状があれば、自分もなる可能性は大きいのです。

NAVI
高血圧の症状が出たらココに注意せよ!

高血圧の症状は、親が高血圧でも関係してくるのです。

血圧は、人が歳を取ることで自然に高くなるのです。
その理由は、血管が老化することで、弾力性がなくなって来るからです。
その血圧が高くなることを、高血圧と呼んでいるのでした。
高血圧は、2種類に分けることが出気ます。
そのひとつは、本態性高血圧症と呼ばれるものです。
高血圧の90%を占め、遺伝などの素質的要素からくるものと、生活習慣や環境因子、つまり飲食・疲れ・肥満・ストレス・喫煙などから来るものと言われています。
遺伝の場合、片方の親が高血圧の症状を発生しやすいのです。
食物因子では、食塩の摂りすぎが問題になることが多いのでした。
特に日本人の体質として、食塩を好む傾向にあると言うことも問題になっているのでした。
梅干、漬物、魚の塩漬けなど一日に摂取する塩分が、12グラムにも及ぶと言われているのでした。
一般的には、6グラム摂取が良いと言われていますので、量が多くなっていることがハッキリしているのです。

またもうひとつ高血圧の症状として言われるのが、二次性高血圧症と言われるものです。
腎臓病や副腎・甲状腺などの分泌異常により起こるもので、若い人に多く発症するのでした。
これらは、原因がわかっていることから治療で治すことが出来るのでした。
他には、脳血管障害の急性期に著名な高血圧を起こすことが知られているのです。
脳出血では、応急的な降圧が必要ですが、脳梗塞ではむしろ脳血流が保てなくなくなる恐れもあり、降圧は行なわれないのです。
おすすめリンク

Copyright (C)2018高血圧の症状が出たらココに注意せよ!.All rights reserved.