高血圧の症状が出たらココに注意せよ!

高血圧と言われたが、高血圧がどんな病気で、どんな症状を起こすのか知らないという人の為に説明します。

NAVI
高血圧の症状が出たらココに注意せよ!

高血圧はどんな病気で、どんな症状があるのでしょう。

高血圧と言う病気は国民病とも言われ、日本国内には3000万人以上いると言われています。
「高血圧ですね」ってよく耳にする人は多いと思います。
年齢を重ねるとなおさら・・でも、どうして高血圧になってしまうのか、どうして高血圧になると悪いのかと言うことを、よくわかっていない方も多いと思いますので、詳しく説明していきます。


高血圧とは、何度血圧を測っても最高血圧が140mmHgより上か、最低血圧が90mmHgより上の場合の事を言います。
1度だけ最高血圧が140mmHgを超えてしまったという場合には、高血圧とは言いません。ではどうしたら、高血圧になってしまうのでしょう。血液が流れている血管に不要物が溜まってしまうと血の流れが悪くなってしまいます。
すると、心臓は血液を末端まで行き渡らせようとして圧力を高めます。
この圧力が高い状態が高血圧と言うことになります。
血圧が高いと言われたけど、特に症状もないしそのままにしておいてもいいかなんて思わないでください。そのままにしておくと、もしかしたら動脈硬化が進んで心筋梗塞や脳卒中といった病気になってしまうかもしれません。(動脈硬化とは高血圧の状態が長く続くと、血管に圧力がかかったままの状態になり、血管が収縮しなくなった状態のこと)

病院や自分で血圧を測ったりしなければ、自分の血圧が高血圧なのかどうかわかりません。また、困った事に高血圧の症状として知られている、めまいや頭痛、動機、息切れ、肩こりなどは高血圧だから必ず起こるという症状でもないので、自分でわかるはっきりとした自覚症状はないんですよね。だから、病院等に定期的に言って、血圧を測ってもらい、高血圧の症状を早めに発見しましよう。
おすすめリンク

Copyright (C)2018高血圧の症状が出たらココに注意せよ!.All rights reserved.